« 平成30年10月例会報告 | メイン | 平成30年12月例会ご案内 »

平成30年11月例会ご案内

日時  : 11月8日 木曜日 18;30 ~ 21;00
テーマ :山田方谷の戦略と戦術
場所  : 港区商工会館
参加費 : 1000円
担当  : 堤 金蔵

山田方谷の戦略と戦術

略伝1805-1877陽明学者

山田家は元武士であったが百姓として生計をたてていた。方谷は御家再興を願う夫婦の元備中松山藩内西方村に生まれる。新見藩丸川松隠塾いて漢学
両親亡くなり実家菜種油製造販売、夜学藩主より二人扶持にて藩校有終館で漢学陽明学を学ぶのち藩校化学頭
藩政改没革の実行
藩主顧問として幕末の幕政にかかわる。
大政奉還の上奏文を作成。
松山城無血開城。
明治政権の招きを固辞、民衆教育に専念す。
閑谷学校再興す
明治十年六月二十六日没

学問に志す
改革の断行

負債整理
藩札刷新
産業振興
上下節約政策
民生刷新改革
教育改革
軍制改革

久坂玄瑞農民兵の訓練を視察

河合継之助との出会い
幕政に関与
幕府崩壊を予言
安政の大獄
老中の政治顧問
大政奉還の上奏文作成

鳥羽伏見の戦い

救藩と余生
人は夢を持つことが肝心なり
されども夢を実現せんとすれば
先ず自ずから努力することを忘れるべからず
唯、必ず我が夢は叶うと信じるのみ

治国平天下
この世のなかをよくしたい

道徳の根源を極め大賢君子の境地を極めたい

寺島白鹿に学ぶ
蘭渓禅師と親交

陽明学者春日潜庵

陽明学者佐藤一斎の塾入門、
佐久間象山との出会い 、
長岡藩高野松陰との出会い

私塾牛麓舎女性農民町民教育
立志
遊芸
励行

洋学、国学その他
砲術戦陣火法

至誠惻怛しせいそくだつ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)