« 令和2年7月例会ご案内 | メイン | 令和2年9月以降例会の予定 »

令和2年8月例会ご案内

日時  : 8月13日 木曜日 18;30 ~ 21;00
テーマ :小冊子「月刊脳力61-4最終号」
      当時の情勢判断学会を偲ぼう。

場所  : 港区立商工会館
参加費 : 1000円
司会  : 古川 彰久

「月刊脳力」(脳力開発の理論と実践)は城野経済研究所が昭和44年以来発行してきた月刊誌ですが、昭和60年12月に城野先生がご永眠されたことから61年4月号が最終号となりました。
その最終号を参加者にお配りして、当時の情勢判断学会の活動状況を偲んでみましょう。
「月刊脳力61-4最終号」の概要
〇風光画シリーズ
 -光と影の世界― ノサップ岬 夕日は海に
〇情勢判断の方法
 経済摩擦と日本経済発展の秘密
1. ちがいがわからねば協調はできない
2. 日本経済の解明は、欧米の「経済学」ではできない
 城野宏遺稿
〇城野宏著書紹介
〇情勢判断学会・脳力開発研究会及び
 各種ゼミ一覧表
 ・事務所
 ・研究会
 ・ゼミナール
 ・一般公開講座
 ・関係会社
 ・各地における情勢判断学会
〇情勢判断の方法 バックナンバー
〇脳力開発実践シリーズ
 脳力開発で救われた私の人生
1. 人生戦略の大切さ
2. 脳力開発との出会い
3. 昨年の反省―戦略戦術の混同―
4. 脳力開発による再出発
5. チェーン専門店の活性化―毛皮本部のピンチ―
6. 確定的要素からの出発―立場の整理-
7. 問題の本質(情勢分析)
8. 楽しみの人生を目指して―脳力開発の実践―
            種本 武司
〇脳力開発サロン
 台湾に於ける脳力開発
 ―豊姿美容院の例―  清水 英雄
〇情報ネットワーク
〇編集レポート

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)